アジングで釣れたアジを手作り干物にしてみよう


アジングで釣れたアジ、手作りの干物にしてみよう!

ファミリーフィッシングでも狙いやすいアジ、刺身や塩焼きだけではもったいない!
新鮮な魚は刺身が1番!でもたまには違う調理方法で食べてみたいと思ったことはありませんか?
私は出産を機にめっきり釣りにいかなくなってしまったのですが、旦那がアジングでアジを持ち帰ってきてくれるので新鮮な魚を食べさせてもらってます^ ^
私は刺身となめろうがすごーーく好きなのですが旦那はなめろうはあんまり。
そして釣った日の翌日までしか楽しめない刺身も一度に大量っていうのもアレだし…と言うことで干物にチャレンジしてみました!

アジの手作り干物に必要なものはたったの3つ!

干物って天気がいい日に網の上で干さなきゃでしょ…と渋ってたのですが、実際作ってみてめちゃくちゃ簡単だと気付いちゃいました…!

用意するものはこれだけです。しかも水と塩はご家庭にあるので、干物ネット買ってアジ釣るだけです。

アジを背開きか腹開きにする

私たちは今回腹開きにしました。背開きでも腹開きでもとりあえずどっちでも美味しくできるので、やりやすい方でやってみてください^ ^

まず鱗とゼイゴとエラを取ります。
エラは包丁でやりにくければキッチンバサミで端をパチパチ切ってしまえばOKです。

お尻の穴から下顎の先っちょまで包丁を入れ、内臓を出してきれいに洗います。
その勢いで上顎の脳天も切り目を入れて平らになるようにします。

次にお尻の穴から尻尾まで切り込みを入れます。
干物を画像検索していただくと分かる通り、腹開きした時に中骨は左側にくっ付いていますので、その辺気にする方は頭を右側に置いて、中骨の上に包丁を入れるように捌いてくださいね!
私はやりやすさ重視で頭は左側の置き、骨の上に切り込みを入れたので右半身に骨が付いていまーす。こういうとこ適当な性格なので全然気にしませーん。

ちなみに私はIKEAのフルーツナイフで捌いてます。
刺身にする時に皮も剥ぎやすいしオススメです!

塩水に漬ける

捌き終わったアジを塩水に漬けます。
100均で買った鍋で作りやすかったのは1リットルの水に対して90グラムの塩を入れる分量です!
ギリ全部入ってる…かな!
脂のノリ具合により漬かり具合が変わるのですが、私がアジが濃いのが苦手なので30分漬けてみました!

干物ネットにアジを入れて物干し竿で一晩干す

晴れた日の夜に、物干し竿に固定して干してみました。
ダイソーの干物ネットは横にチャックが付いていて、そこから手を突っ込んで中にアジの開きを入れていきます。
20センチ程度のアジが8枚入りましたよ!
もしもっとたくさん作る場合は干物ネットを買い足して下にドッキングして下さいね。重ならない方が良いです!

ちなみにカラッカラの干物より少ししっとりしているのが好きなので一晩にしています。カラッカラがお好みであれば干す時間帯や長さを調整してみてくださいね!
今回は23時頃に干し始めました。

アジの手作り干物の完成!

漬ける時間も短めだったのもあって、捌くのが1番大変でした。
すぐに食べないものは一枚ずつラップにくるんで冷凍保存も可能です。
焼く時は凍ったまま、魚焼きグリルを予め温めてから焼くと美味しく焼けます!
沼津の干物屋さんでも凍ったまま焼くことをお勧めしているのです!
主婦にとってはあと1品作るのめんどくさい時にもってこいです。しかもちょうどいいサイズ。メリットしかないです!

ちなみにズボラな私は完成した次の日にようやくラップしたので、冷蔵庫でさらに干物化していました。これまさに偶然の賜物です。

手作り干物が完成した夜、早速焼いてみた

完成した日の夜22時頃、早速食べてみました。
スーパーで売ってる干物より小さいのですぐ焼けるし、なによりしょっぱくなくとっても美味しい…!
しょっぱさが足りない方は醤油かけて食べるのも良しです。

釣って切って漬けて干すだけ。
しかも100円で始められて奥様にも喜ばれる!(ただしラップにくるんで冷凍するところまでやったらの話)
これでアジング行ってくると言いやすくなりますね^ ^


カテゴリ:
タグ:,,,,,,,