ブラクリを自作して、テトラポットにいる根魚(メバル、カサゴ、ソイ)を狙ってみよう!


目次

ブラクリを自作して、テトラポットにいる根魚(メバル、カサゴ、ソイ)を狙ってみよう!

ブラクリとは

ブラクリ

ブラクリは海釣りで使う、重りと針がセットになった商品です。
テトラポットで根魚を釣る時に、針に切り身などのエサをつけて穴に落とします。
ブラクリのような穴釣り専用仕掛けを販売していて、SASAMEのブラクリが私の中で一番有名なアイテムです。
amazon人気ランキングの完成形仕掛けで4位なので、有名であり人気なのも頷けます。

OWNERからはテトラ玉という商品名で発売しており、重りが球体なのでテトラをコロコロころがってくれるというのがポイントです。

ジャッカルからも2018年にエッグショットという名前で穴釣り専用オモリ仕掛けが発売されています。

重り部分の色は赤が多く見られますが、最近ではラメの金などかなり自由な発想のアイテムも多く出回っています!
重りの種類はブラクリだと1~8号、10号。
テトラ玉は3~5号。
エッグショットは3号、4号、5号、7号があります。
当日の風の強さや波の荒れ具合でボトムまでまっすぐ落とせるかが重要になりますので、何種類か用意しておくことをおすすめします!
と、気にしてみていくと結構いろいろなところから発売されているのです。
という事は、重りが赤くて針がついていたらなんでもいいんじゃ?と思い始めたのがブラクリ自作のきっかけです。

テトラポットにひっかかりロストしやすい

ただ、これテトラポットのガサガサにひかっかってしまうとロストしてしまうので、一日釣りをするときは何個か用意していかないとすぐなくなります…
200円台のアイテムではありますが、頻繁にテトラポットで釣りをしたり、大人数や一日での釣行の場合でしたら自作してたくさん用意するとコストを抑えられます!
そしてなにより作るのがとても楽しいです。
ぜひやってみましょう。

…の前に、もう少しだけブラクリの素晴らしいところをお話しさせてください!

ブラクリの良いところ1:扱いやすい

サビキのセットのようにラインの途中でスナップがあるタイプのものではないので、バスフィッシングでキャストするのと同じ要領で投げたり落としたりすることができるので、とっても扱いやすいのが特徴です。

ブラクリではない1本針のセットを買うと…

ブラクリじゃない商品だと

ブラクリだと…

タックル

このように、めちゃくちゃお勧めの商品なのです!!!!!

ブラクリの良いところ2:メバルもカサゴもソイも仕掛けはこれっしょ!というくらい釣れちゃう

まず海にいる魚には青物系のように回遊している魚や、ストラクチャー(テトラポットや岩、草など)のそばで定着している根魚など、魚によって行動している範囲や場所が異なります。
今回ご紹介するのは堤防に行けばほとんどのところにある「テトラポット」周りにいる根魚(ねざかな)にフォーカスしてご紹介していきますね。

根魚ってどんな魚?


根魚という名前の魚がいるわけではなく海底の岩礁や海草の間や瀬などに棲み、生息範囲が狭い魚の事を指します。
具体的にはメバル、カサゴ、オコゼ、アイナメ、アカハタ、クロソイ、クエが一般的です。

テトラポットってどこにある?

テトラポットがある場所は堤防にでしたら結構な確率であります。下記にテトラポットがある場所をまとめてみました。
テトラポットの場所
沖からの波の衝撃を吸収する為にテトラポットがありますので、基本的に沖側にあります。漁港によってまちまちですが、海に沈んでいるテトラポットもあれば、高台のところまでぎっしり詰まれている場所もあります。
テトラポットがたくさん積まれていて、キャストした際にラインが擦れてしまうとラインブレイクしてしまう原因となりますので、場合によってはテトラポットの上からキャストする事もあります。
根魚は基本的に餌を付けてテトラポットの隙間から落とすだけですので、振りかぶってキャストする心配がないのが始めやすい理由の1つです。

ただ、潮の満ち引きの関係もありますので、テトラポットでの釣りをする際はくれぐれも波にのまれないよう細心の注意を払ってくださいね!
必ずライフジャケットを着用して釣りをするようにしてください!
チョッキタイプのものだけでなく、腰に巻くタイプの目立たないものもあります。
命を守る大切な道具ですので必ず装着しましょう。
魚が釣れても自分が死んでしまっては食べられませんからね…

根魚を釣るための道具は?

海水で錆びてしまうので必ずソルト用の竿、リールを用意してください。

釣り竿やリール、ルアーにはそれぞれ海用のものと、川や池用のものが売られています。海水で錆びてしまわないように海用のタックルを準備しましょう。
たくさんあって選べない時は、店員さんに相談してみると良いと思います!
釣り竿とリール(ラインが巻いてあるもの)で十分です。うちはその辺に売っている「ちょい投げ」的なものを買いました。ロッドとリールがセットで3,000円くらいだったかな?
※あんまり安すぎると折れたり壊れますのでご注意です。トップガイドが一日で壊れました。

スナップのおすすめはウォーターランド!

ウォーターランド スーパースナップ シルバーは旦那が大学生の時から使っているスナップだそうで、私も4年くらい使っていますが、本当に壊れない!頑丈!さすがはじめちゃん!
店頭では300円しないくらいで売られていますので、是非スナップはこれをつけていただきたい!!!!
ちなみにサイズが「00」「#0」「#1」「#2」「#3」「#4」の5つがあるのですが、テトラポットにいる根魚サイズでしたら「00」の一番小さいサイズで充分です。

針部分はもうブラクリで決定!!餌を鎮めるための重りと針がセットになっています。

ブラクリとは、下の写真のように重りと針がセットになっていて、ラインに結んだスナップに装着したらもう釣りができる、シンプルな仕掛けです。
ブラクリ
で、今回なぜ記事を書こうかと思ったのかというと…このブラクリが自分で作れたら、急に釣りに行きたくなったのにお店が閉まっていたり家に在庫が無い時でもすぐに始める事ができるなーと思ったのがきっかけです。
ちなみに写真のように4つ入りを購入しましたが当日は風が強く波で流されてしまっていたので、3つ入りのブラクリで少し重めにしても良かったかな…と思いました!

餌はイソメを触りたくなさ過ぎて、サンマの切り身にしました。

私の天敵でありますイソメは黒い歯で噛もうとするので私は本当に無理なので、お勧めなのはサンマの切り身です!
スーパーで100円くらいで1匹まるっと買えますので、釣具店にいって500円で買う必要がありません!(捌く手間はありますが…。)
サンマだと噛まないし(笑)、イソメみたいに弱って使い物にならないという事がありませんのでおすすめですよ!
釣れた魚を持ち帰るためにクーラーボックスに氷を入れているので、保管も楽ちんです。
うちは餌を入れるようにタッパーを用意しましたので、餌が余って家に持って帰っても汁が垂れたり冷凍庫で他の食材ににおいが写ることがありません!
もし捌くのが面倒であれば【冷凍つけエサ】 サンマ切り身を使うと手軽で便利ですので、つかってみてくださいね!
少し大きめですので、われらは2つに切って使いました!
もちろんキッチンばさみを忘れたので、途中までプライヤー、途中からマイハンズです。
絶対キッチンばさみとウェットティッシュ必要です。それか家で切っていってください…。開始前から手が…。

ブラクリを手作りするのに必要なものと作り方

「より戻し」が付いているスナップ

ローリングスイベル ベアリング サルカンというものを使うと当日釣りに行った時に準備がしやすくなります。
はじめちゃんのスナップでも良いのですが、波でもみくちゃになる事を想定したときに、ラインがグルングルン回ってしまわないようにする機能があるタイプを選びました。

まずこれを1つ用意します。

以前の釣行で直リグして(とりあえず釣れましたが)重さを変更するのがいちいち面倒だなと感じました。

ラインは14ポンド

実際リールに巻いているラインの方が細いので、14lb(14ポンド)程度あれば充分かと思います。実際に使ってみて14lbのラインが切れてしまうというより、リールに巻いているラインが切れてしまうケースの方が多いです。
メーカーは特に気にしなくて良いという事で、昔買ったバス用のラインを引っ張り出してきました^^
ライン

最初50cmくらいに切って使っていましたが、慣れてくると20cmとか25cmくらいに切ってもラインが余るくらい上手になりますよ!
ラインを用意したら、クリンチで結びます。
クリンチ

重りは2号か3号

今回私たちが使用したのは2号でしたが、波の満ち引きで結構もみくちゃにされていました。もう一段階重い3号でも良かったかな…。テトラポット周辺に落とすだけなので、ばっちりここに打ちたい!というのが無ければ2号でも良いかと思います。
ベストは両方のサイズを作っておいて、状況に応じて使い分ける事ではないでしょうか^^

形もアーモンドみたいな楕円タイプから丸いものまであります。
両方使ってみた結果、アーモンドタイプの方が針が重りの上のラインに引っかかることが無くて使いやすいという結論に行きつきました!重り

この重りをスナップの次にラインに通すのですが、もし重りの穴が大きくてスナップがめり込むようならお手持ちのビーズや次の紹介するウキ止め等を使う事をお勧めします!
私は小学生の時から集めていた手芸用のビーズがあったので、1つ(のはずでしたがどんどん派手に…)通してみました。

ウキ止め

ウキ止めは重りが上下にフラフラしないよう、重りの下に装着してずれないようにするものです。

手芸の糸通しの要領と同じで、ウキ止めが通っているワイヤーの先端にわっかがありますので、そこにラインの先を遠し、ウキ止めを引っ張ってラインに通してあげる方法で簡単に装着可能です!

これを重りの下にぴったりと通してあげる事で、水中でもみくちゃにされても浮きが動くことがなくなります。
これがないと餌を付ける針のところまでズドーンと落ちてしまい、最悪餌が取れてしまったり針の形が変わってしまう事があります。

針は返しが付いているものでシングルフックのものを

トラウト用のフックですとバーブレス(返しが無い針)が多いので、バス用品や海釣り用の売り場に行き見つけてくださいね。
ちなみに海用のフックですと種類によってはラインを通す場所が無く、針の一部にラインを巻き付けて結ぶタイプのモノも売られています。
必ず針の先端ではないほうに穴があって、ラインが通せるものを選んでくださいね!
シングルフック

この針の穴にラインを通し、ウキ止めとぎりぎりのところでクリンチをして止めます。

最後に余分なラインの先端を切り、完成です!

完成したのがこれ!!
ブラクリを手作りして、テトラポットにいる根魚(メバル、カサゴ、ソイ)を狙ってみよう!

赤い毛がついている派手なものは旦那が作りました!笑
どうしてもそれ自体でアピールしたがる夫婦でした。

写真右下のようなスナップと重りまでにビーズを何個か通すと、波でもみくちゃにされた時にフックがビーズ部分のラインにからまる現象がありました。作るときは重りは写真上のアーモンド形のもので、余計なものはつけすぎないことが重要です。
アーモンド形の重りの方がおすすめ

余談

トラウト用のフックを購入する時の穴の向きにご注意

フックを選ぶときに注意が必要です。トラウトの針はスプーン用とプラグ用で輪っかの向きが異なります。もしトラウト用のフックを使う場合、横から見た時に「つ」に見えて輪っかの穴が見えないほうを買うと良いですよ!

バス用のフックを買うとオフセットフックでも作れるので餌が外れにくい

バスフィッシングでファットイカを使う私たちからすると、オフセットフックを開発した方が神に見えるくらい素晴らしい商品だと思っているほど。
サンマの切り身も縫うようにシングルフックにセットしていたので、満場一致(私と旦那)でオフセットフックバージョンも作ってみました!
オフセットフックのサイズは1/0です!
オフセットフック

服に刺さって絶望的になったら…

いつも管釣りばかり行くので基本的にフックはバーブレスです。海釣りではマジでバラしたくないので返し付きにしていますが、当日根がかりを外して左の方に吹っ飛んで行ったのでロッドをくいっと動かしたら、左の二の腕部分の上着にぶっささりました(笑)

結局貫通させてプライヤーでバーブレスにしましょう!返しが付いているまま無理やり外そうとすると上着に穴が開きます。

という事で、翌日に自作したブラクリでテトラポットにいる根魚(メバル、カサゴ、ソイ)を釣ってみました!

次の日、釣りに行ってみた。
12月3日(日)、西伊豆某所に行ってみました!大潮で満潮が16時頃。夕マヅメに満潮とかどれだけ良い日なのよーと思いながら、12:30頃からまったり釣り開始。
私のシーバスタックルと旦那のちょい投げの竿で、2本針にオレンジゴールドのイソメを付けて投げ釣り。
その間に手作りブラクリでテトラポット周りをチョイチョイしていました。
ネンブツダイがたくさん釣れたので、タックルが無かったけど夕方に出くわした常連のお父さんに教えてもらいイカ釣りに変更。
ネンブツダイの頭だけがっつり食べられた私、最終的にエギに変えてバラした旦那…とイカは釣れませんでしたーーー><

ちなみに今回私は初めてフエフキダイの子供を釣りました!(投げ釣りで。
旦那も過去一大きいベラを釣りました!(投げ釣りで。
フエフキダイの子供
でっかいベラ
前回のようにカサゴが釣れなくて残念でしたが、手作りのブラクリのテストができたし天気も良くとてもリフレッシュできましたよ!

釣れたベラは常連のお父さん曰く煮つけにするとおいしいと言われたのですが…
完成して蓋を開けたらメバルやカサゴとは違う変な匂いが…


カテゴリ:
タグ:,,,,,,,,,,,,,,,,