タックル(釣竿・リール・ルアー)を彼氏やお友達から借りる時の注意点


 タックル(釣竿・リール・ルアー)を彼氏やお友達から借りる時の注意点

しばらくはお友達や彼氏のタックルを借りて釣りをしてみましょう

もしあなたが自分は飽きっぽい性格だと思うなら、何回かは一緒に行くお友達や彼氏のタックル(釣り道具一式)を借りましょう。

今回はお友達や彼氏からタックルを借りる女性アングラー(初心者)が注意する点をまとめてみました!

自分が使いやすいと思って愛用している竿はなるべく借りない

管理釣り場に行けば初心者向けのレンタルタックルがありますのでそれをレンタルすれば解決ですが、もし貸してあげるよと言われた時はいくつか注意する点があります。

お相手の心の広さの問題もありますが(笑)、もしあなたが周りの方にタックルを借りる場合、その方の1番のお気に入りをなるべく借りないようにしましょう。
私の場合、旦那がいつも使っていたタックルを「使いやすいからこれ使って」と貸してくれました。

まずは貸してくれるお礼を言い、私でも投げられるのはどれかなぁ?と相手に選択する権利を委ねてみてください。

何本もタックルがあるのはシーン別で使い分けるから

せっかくご厚意で貸してくれるので、その日はなんのトラブルもなく終えたいですよね。
知識や経験がない中、心無い(つもりはない)ひとことで、その場の雰囲気が崩れてしまう事があります。

お友達や彼の竿が何本かある時、釣りに詳しくない方からすると、色違いなのかなくらいにしか思いませんね。
ですがそれが竿の固さが違ったり、海水でも使えるたり、太さが違ったり、それぞれのタックルが使うシーン、どんな釣りができるかなど役割が異なるから複数本持っているのです。

上記の2つは禁句です。

「たくさん持ってるねー!」などと褒めておきましょう。
彼やお友達が釣り好きなら、何か質問してみたら喜んで教えてくれますよ。

ルアーを投げていない状態で振り回さない

小学生の帰り道の枝を振り回すようにブンブンやっていると、わざとではないけれど地面にぶつけてしまったり、通行人にけがをさせてしまう恐れがあります。
ましてやライン(糸)の先には針がついていますので、扱いは慎重にしてくださいね。

ブンブン振り回していると「この子は雑に扱うから次から貸したくない」と思われ、次一緒に釣りに行った時に断るのも気まずいからという理由で一緒に行ってくれなくなってしまうかもしれません。
そんなの悲しいですよね。

竿先を指でペニョペニョ曲げない

釣具店で竿のしなりを確かめる時に、このような注意書きの記載があります。

釣具店が言っているくらいですから、これは本当に気をつけましょう。
最悪折れたら弁償となりますし、高いものは何万円もしますので注意が必要です。

ロッドは意外と繊細なものです。借りた時に竿を手で曲げてみたり、ライン(糸)を無理に引っ張ったりしないようにしてください。
魚だって引っ張るじゃん!と思われがちですが、実は魚が一定の力以上の強さで引っ張った時に糸が出て竿が折れないように調節する部分があるから折れないのです。

竿先を指でペニョペニョ曲げないよく管理釣り場でトラウトを釣っている方のリールは、魚がかかったときに「ジーーーーーーーーーーー」という音が出ます。
これはリールの「ドラグ」という糸出しを調節している部分が鳴っている音です。
魚が逃げちゃうと思う方もいらっしゃいますが、竿のしなりの反発や魚が体力を消耗するのを待つ方法で釣るので、それまでにはある程度の糸出しは必要なのです。

竿先がしならないように立てかける

これも竿が折れてしまわないように気を付ける事です。

こちらが雑に扱っているつもりがなくても、釣りしなれている方から見たら「ちょっと!雑におかないでよ!」と言われてしまう事があります。
「えー、雑に扱ってないし…」となんだか気まずい雰囲気になり、彼と釣りに行くのが嫌になってはもったいない!(経験あり)

初心者なのでもちろん以下のようなものはしょうがないのです。

ですが、まず休憩をする時など竿を柵に立てかける時に竿がしならないようにそっと立てかける事を意識してみてください。
竿先はかなり細く、女性でも折ることができるくらいやわらかいです。
「カーン」という金属音などがするように立てかけると、見た目に変化がなくても、そこから折れてしまうという事もあります。

地面に置くのは他の人や自分が誤って踏んでしまう危険がありますので、立てかける場所がない時のみにしましょう。

竿を借りた時の注意点まとめ

以上を気を付ければとりあえず怒られることはあまりないですよ!
せっかく一緒に釣りに行っているのだから、楽しめるようにご参考にしてみてくださいね!


カテゴリ:
タグ:,,,,,,,